ベーカリースタッフ パート ベーカリースタッフ パート

T.C.さん

勤続25年 50代 ベーカリースタッフ パート(チーフ)

家族のように分かち合える職場を目指して

パン未経験の専業主婦からスタート。 パン未経験の専業主婦からスタート。

パン未経験の専業主婦からスタート。

専業主婦だった私がこうしてパンの世界にいるのは仕事復帰のリハビリにとおもって始めたことがきっかけでした。 それまで趣味でパンを焼くこともありませんでしたが、なぜかハマってしまいましたね。当時、未経験だった私が一番面白く思ったのは、形のないものを一から作れること。自分で作ったものをお客様に売場でオススメできるというのがうれしかったですね。

現在は他のスタッフを束ねるリーダーメイトというポジションで、ベーカリーの現場責任者としてスタッフの育成にも携わっています。よく、応募いただいた方から「パン作りの経験がないけど働けますか?」という質問をいただきます。その時には「未経験でも大丈夫ですよ、大歓迎!」と答えています。理由は他の企業様での経験があると、その知識やルールに縛られてしまうことがあるからです。「あれも違う、これもやり方が違う」という状態になり、なかなか馴染めないこともあります。私自身がそうだった様に未経験からの方が良いこともあります。

実際に私の勤務する店舗では未経験者の方が多く、高校入学と同時に働き始め大学卒業するまで頑張ってくれた学生さんや、定年まで勤務された方など、皆さん未経験からのスタートでした。

私が勤務している店舗ではスタッフ同士が家族のような関係性を築いていけたら・・・と思っています。辛いこと、嬉しいこと色々とありますが、なるべく共有できるようにスタッフ同士のコミュニケーションが活発になるよう意識しています。 様々な年齢やバックグラウンドを持つ方がいますが家族の様にほっこりとした職場を築いていけたらいいなと思って日々取り組んでいます。

マニュアルよりも「スタッフの五感」を大切にして。 マニュアルよりも「スタッフの五感」を大切にして。

一人ひとりの五感を大切にして。

ベーカリーはどの担当でも出来るようになる「マルチ」を目指しますが、どうしても人には向き不向きというものがあります。ただ、一通りできないと、自信を持ってお客様にお勧めもできませんからね。最初商品名や価格、出来栄えを目で覚えるために“品出し”からスタートします。私はスタッフのその様子を見ながら、「手先が器用で丁寧に作業するから、次は形を整える“成形”に進んでもらおうかな。」とか、「てきぱき体を動かして小回りが利くので、焼成する“オーブン”を覚えてもらおう!」などと決めていきます。 西友ではベーカリー内のレジ業務がないため、仕事は「品出し」「成形」「オーブン」の3つのみです。各ポジションで経験を積み、製造において適切な判断ができるようになると発注や売り場管理もお任せしています。

西友などの大型スーパーでのパン製造は「マニュアルがあるから簡単」というイメージがあるかもしれませんが…意外と違うんです。思った通りの納得いく商品が作れない時もあります。そういう時は一つの商品ができるまでの工程を一つずつ洗い出し、検討していくという作業をします。 西友ではパン生地を粉から仕込む“スクラッチ製法”ではなく、工場から納品された冷凍の生地を発酵・成形させるところから始める“ベイクオフ製法”を用いています。マニュアルは当然ありますが、発酵や焼成具合はコツや感覚も大切です。恐らく、皆さんが思っているよりも、職人仕事かもしれませんね。私はマニュアル通り作ることが必ずしも良いパンを作ることではないと思っています。作りながら目で見て触って、より良い出来上がりになるように「一人ひとりの五感」がとても大切なんだということを伝えるようにしています。

そういう仕事を楽しみながら実践できているスタッフの特徴は、1つ言うと、2つも3つも質問を返してくることです。何に対しても興味・関心があり、柔軟な考え方ができる方が良いですね。1+1=2にならないのがパン作りです。「昨日は上手くいったけど今日はダメ」なんてこともありますからね。

私はお客様には西友を「自分の家の冷蔵庫のように」使って欲しいと思っています。「今、焼き立てですよ!」と声をかけて、お客様から「あなたがすすめるなら買っていくわ。」という様な信頼関係をこれからも築いていきたいですね。 私はお客様に時には叱られ、時には褒められ、そして感謝の言葉をいただいてきました。今の自分を作ってくれたのはお客様の存在であると思っています。その御恩は“パン作り”と“私の仲間たち”を通してお客様に返していきたいと思っています。

ベーカリー未経験の皆さんへ。無我夢中になれることを身に付けませんか?パン作りはこれが正解というものがなく、完璧なマニュアルもありません。でも、だからこそ面白いと思います。そして無償の愛が必要だと思います。横目で家族の心配をしているように常にパンに気を配るような感じです。優しい香りに包まれた職場で一緒にパン作りを楽しみましょう。

一日の流れ

08:00
【出勤】制服に着替え作業場へ移動
08:05
【朝礼】業務確認
08:30
【パン製造】パンの製造作業
11:30
【仕込み】翌日の仕込みスタート
14:00
【休憩】
15:00
【売り場点検等】売場の手直し、発注などの事務作業
16:00
【品出し】最終商品の品出し
16:45
【退勤】